プチ同窓会

本日、
大学時代の同級生が研究会で山口より上京予定とのことで
急遽、東京にいるもう一人の同級生と
今晩プチ同窓会を開く運びとなりました。

数年前からほぼ同じ面子で時々会うようになりました。

初めて誘いを受けたときは
大学卒業後10数年経っているし、
当時とは違って社会人という立場。
しかも一番忙しい見習い期間を終えて
お互いある程度社会的立場が出来上がっている状態で、
学生のときのお気楽な記憶しかない同級生に再会したときに
いったいどんな対応をすればいいのかと構えてしまい
少し億劫だったのですが、
今思い返しても不思議なもので
再開したとたん
お互い中年面したいいおじさんたちが
当時とまったく変わらずに
何のわだかまりも無く
はしゃぎながら酒を酌み交わしたのでした。

それからは時々
彼が上京するたびにほぼ同じ面子で会ったり、
一昨年は
家族を連れて山口に行き
彼と家族ともども親交を深めました。

若い当時にかいた恥や忘れたい思い出(笑)を
お互いいたわりの心を持ちながら笑い飛ばせる
旧知の友人というのは
この歳になってみるとほんとにありがたいなあと思います。

さあ、
今日に備えて妻と子供は実家に帰ってもらっており、
心置きなく痛飲できる状態です。

思う存分飲むぞ。

明日の日曜外来・・・
どうか皆様
お手柔らかに(~_~;)