腰痛

3月から少しずつ筋トレを再開しました。

30歳のときから開始し、
一時はかなりビルドアップされて素敵な肉体だったのですが、
開業してからは業務に追われることが多く、
特に子供が生まれてからは
時間にゆとりが無く、ほとんどしていませんでした。

おかげで見事な中年体型・・・。

なぜ筋トレか。

実は重度の腰椎椎間板ヘルニアの持ち主なのです。
(ヘルニアを発症したいきさつはまた別の機会に。)

開業後はしばしば腰痛に悩まされながらも
コルセットを使用しながらごまかしごまかし業務をこなしていました。

しかし、昨年のあの新型インフルエンザ騒動。

あれで精も魂も尽き果てて
まっすぐに立てない状態にまで腰痛が悪化。

抱っこ大好きな娘がどんなにせがんでも
抱っこできないでいる自分が余りに情けなく
「これではいけない」と一念発起したわけです。

で、3月の初日には
腹筋を試みるも腰が痛くてまったく起き上がれないほど筋力が低下していました。

このため、始めのうちは最盛期の3割くらいの負荷から
週1回のペースでゆっくり始めました。
今では最盛期の7割くらいまでに回復しました。

おかげで娘は抱っこされ放題で大喜びです。
ちなみに17kgの巨漢です。

一昨日も筋トレに行って来ました。
若者なら筋トレ翌日の昨日に筋肉痛が来るのでしょうが、
中年真っ盛りの僕はさらにもう1日たった今日が筋肉痛のピークです。
ヒーヒー言いながらストレッチをした後に、このブログを更新してます。

ちなみに・・・

腰痛のための筋トレは、腰背部の筋肉を鍛えるだけでは
あまり意味がありません。
腹筋と、大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前側の筋、
そしてこれが大切なのですが、
腸腰筋と呼ばれる、いわゆるインナーマッスルを鍛えることが重要です。
詳しい方法は、正書に譲りますが。

さらに大事なことは、
「体重を増やさない」ことです!!!

筋トレをするとものすごくおなかが空きます。
これに任せて無秩序に食べると
「筋力の強いただのデブ」になり
腰痛予防効果はおよそ期待できません。

筋トレのあとは、
有酸素運動をし、
腹八分目の食事を心がけることです。

えっ、誰に言ってるかって!?

もちろん、僕自身にですよ!!
えへへ(^。^)