細菌性髄膜炎

最近、Hib(ヒブ)ワクチン及び肺炎球菌ワクチンの接種及びお問い合わせが多くなっていますので、
診察室でご説明する内容をこの場でお話しておきたいと思います。

小児の細菌性髄膜炎は年間約1,000人が発症し、
うちその約半数の方が死亡したり重篤な後遺症を残す疾患であるため、
絶対にかかってはいけない小児疾患のひとつです。

その原因の90%をHib(ヒブ;インフルエンザ桿菌b型)及び肺炎球菌が占めます。

ですから、Hib(ヒブ)及び肺炎球菌に対するワクチン接種を行えば、
その90%は理論上発症を予防できることになります。

先進国では以前から両ワクチンの接種が可能でしたが、
日本ではやっとHib(ヒブ)ワクチンが2008年12月から、
肺炎球菌ワクチンが今年の2月から、
それぞれ生後2ヵ月より接種が可能になりました。

それまでワクチン接種ができなかったために、
細菌性髄膜炎を発症し死亡したお子さんのドキュメンタリー番組が
いまでもしばしばマスコミで報道されていることは、
多くの方がご存知のことと思います。

出来れば全てのお子さんに接種を受けて頂きたいのが本音ですが、
残念ながら全額自費負担となっているため
家計への負担が大きすぎるのが現状です。

推奨接種(=無料接種)となるように、
マスコミが大々的にキャンペーンを行ってくれたり、
心ある政治家や官僚の方が政府に働きかけてくれるように
いつも願っているのですが・・・。