不活化ポリオワクチンについて ― 第3報

8月28日、世田谷区医師会で不活化ポリオワクチンの公的接種に関する説明会がありました。
内容に関しては既に第1報及び第2報でお知らせしてきたとおりですが、
次に述べる新しい内容に関して追加でお知らせいたしたいと思います;

①国内未承認不活化ポリオワクチン(個人輸入不活化ポリオワクチン)は定期接種として数えず、
 これを何度 接種した後でも、国内承認不活化ポリオワクチン(イモバックス)を定期接種として
 9月から新たに第1回目から接種することは可能である。
②11月から四種混合ワクチン(DPT+不活化ポリオワクチン)の公的接種を開始する。
③イモバックスと国内未承認不活化ポリオワクチン、イモバックスと四種混合ワクチンとは
 それぞれ互換性があるが 国内未承認不活化ポリオワクチンと四種混合ワクチンとは
 互換性を認めない。

①に関して言えば、今まで何回自費で不活化ポリオワクチンを接種したとしても、ご希望があれば
イモバックスを第1回目から新たに接種できることになります。また、現在ではイモバックスを
公的接種として4回目の追加接種をすることはまだ認められていませんが、自費ですでに不活化
ポリオワクチンを3回接種した方は、イモバックスを名目上は第1回目の公的接種として、実質上は
4回目の追加接種として接種することが可能です。
③に関して言えば、11月以前にイモバックスを1~3回接種した方が11月以降残りの分を四種混合
ワクチンに移行して接種することは可能ですが、自費で不活化ポリオワクチンを接種された方は
イモバックスへの移行は可能ですが、四種混合ワクチンには移行して接種できないことになります。

少し複雑です。ご質問にはいつでもお答えいたしますのでどうぞお気軽に御相談下さい。