予防接種スケジュールに関して - 追記

先日、表題の件に関して、私見を含めて総括いたしました。
その後、各方面からご意見を伺いました。
昨年3月にヒブ・肺炎球菌に関する行政からの自粛指導があったこともあり
当院では基本的に数種類のワクチンの同時接種を今まで特には推奨してきませんでした。
しかし、今年4月に「日本小児科学会の予防接種の同時接種に関する考え方」が発表され
http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_1101182.pdf
複数のワクチンの同時接種が盛んに推奨されるようになりました。
この流れを受けて、当院でもご両親が同時接種をご希望される場合には
今後出来るだけその御希望に沿って対応していく方針といたしました。
この場合、その具体的なスケジュールに関してはやはり今年4月に発表された
「小児科学会推奨の予防接種スケジュール」を参考に
http://www.jpeds.or.jp/saisin/saisin_110427.pdf
下記の様になります(平成24年6月現在)。

 ・生後2ヵ月 ヒブ①+肺炎球菌(プレベナー)①+ロタウィルスワクチン(ロタリックス)①
 ・生後3ヶ月 ヒブ②+肺炎球菌②+ロタウィルスワクチン②+DPT(三種混合)①
 ・生後4ヵ月 BCG(3・4ヵ月健診で集団接種)
 ・生後5ヶ月 ヒブ③+肺炎球菌③+DPT②
 ・生後6ヵ月 DPT③
 
 ※1、ロタウィルスワクチン(ロタリックス)に関しては、前回、スケジュールの調整が難しくなるため
    積極的な接種を推奨しないとコメントいたしましたが、他のワクチンと同時接種する
    場合には特別なスケジュール調整が必要ないので今後は他の予防接種同様に
    ご希望があった場合にはスケジュールに組み込んでまいります。
 ※2、不活化ポリオワクチン(IPV)は、前回コメントしたとおり9月の定期接種化までは
    わが国では未認可の状態であり、国の薬害補償制度の対象となっておりません
    ので、当院では引き続き、定期接種化される9月までは接種を見合わせております。

なお、ご両親のご希望により、今までどおりワクチンをばらばらに接種するスケジュールにも
引き続き対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。