星の金貨

「満天の星空が見たい」

最近娘がよくそう僕に訴えかけるので
てっきり先月連れて行った
プラネタリウムの影響かと思っていました。

昨日は妻が友達と連れ立って
夜遅くまで新大久保に「韓流ツアー」に出かけていたので
久しぶりに僕が娘のお風呂当番となりました。

娘と一緒に湯船に浸かっていると
「これ読んで。」と僕に差し出されたのは
防水加工された紙芝居の「星の金貨」。

主人公が森の中で
満天の星空から降ってきた金貨によって
幸せになったという物語から
自分も満天の星空の下に行けば
幸せになれると思っての発言だと
昨晩遅くに帰ってきた妻から聞きました。

8月になってから気になっていたことは
広島・長崎原爆の日に関する報道が
例年に比べ極端に少なかったこと。
特に民放でこれに関する報道は
僕の知りうる限りほぼ皆無でした。


邪推すれば
福島原発事故に絡めて
放射能や原発に関して
国に不利になるような議論が
原爆の日を機会にこれ以上活発化することの無い様
高速鉄道衝突事故を起こしたどこかの国のように
報道規制がかかったんだろうなあ。
被災地救済という大命題は棚上げされたままで。

娘よ、
星の金貨の主人公が幸せになれたのは
満天の星空の下にいたからではなく
困った人たちに自分のことを顧みず
善行を施したからなんだ。
だから自分の保身だけを考えてる
周りの多くの大人たちをお手本にしないで
あの主人公の少女のように
他人の幸せを考えてあげることの出来る
人間に成長していくことを心から願うよ。

昨晩から今晩にかけて
ペルセウス座流星群がピークを迎えるとのこと。

満天の星空とはいかないけれど
雲り空がこの後晴れたら
家族を誘って流星を見に行こうか。

東北で同じ星空を見上げている
被災された方々が
これ以上悲しい思いをせず
流星群から零れ落ちた
星の金貨を手に入れられるよう
心から祈りながら。