衝撃

ここ最近で衝撃を受けたことをいくつか・・・。


クリニックの近くに最近出来た焼き鳥屋さん。
単にハイボールが飲みたい、というだけで
疲れてるしどうでもいいや、といった
半ば投げやりな気持ちで入ったお店でした。
値段は安いし、チェーン店の様だし、
味やサービスはまったく期待していなかったのですが
ハイボールはおろか
串焼きを含めた全メニューが
かなりレベルの高い味となっていました。
おかげでハイボール5杯飲んで
串焼き10本くらい食べて
〆に食事もして
お値段3,000円ちょっとなり。
やっ、安い!!
しかもこのお店、
ビルの2階にあるのですが
勘定を済ませお店を出るときには
店員さんがわざわざ1階まで降りてきて
お見送りまでしてくれるサービスぶり。
気持ちよく帰宅できました。


ここ最近、
聴いて「いいなっ」と思える楽曲がないので
いま話題の”YouTube”で過去の映像を
場当たり的にしばしば検索するのですが
映画「野生の証明」のテーマ曲
「戦士の休息」を歌っていた町田義人さんが
ロッテのキャンディー「小梅ちゃん」のCMソングを歌っていたこと。
キャンディーズの藤村美樹さんが
キャンディーズ解散後のソロデビュー曲「夢・恋・人」を歌う姿が
キャンディーズ時代に比べて
あまりにも落ち着きすぎてしまっていること、
しかも今では既に母親となり
そのお子さんが神田沙也加さんと幼稚園で同級生であったこと。
僕が高校生のときに大好きだった曲「シオン」を歌っていた
沢田聖子さんがビキニ姿でプロモーションビデオに出ていたこと。
どれもちょっとマニアックすぎますね。


本日初めて御来院されたお子さん方とそのお母さん。
風邪症状で受診されたお子さんは3人。
13歳と11歳と0歳。
いずれも男の子。
「男の子3人を育てるなんてえらいですね!」と声をかけると
「4人なんですよ。この上に高校生のお兄ちゃんがいます。」
「えっ!!!」
「でも楽ですよ。みんな言うことを聞いてくれるから。」
ほんとかよ(~_~;)
で、一人ひとり診察。
お兄ちゃん2人は診察が終わると
狭い診察室を気遣ってくれてか
診察の邪魔にならないようにと
さっさと一人ずつ待合室に出て
他の兄弟の診察が終わるのを待ってくれている様子。
で、0歳のおチビちゃんは
吸引器で鼻吸引してもちっとも泣く様子もなく
おとなしく鼻を吸われるがまま。
既にこのとき100人以上の患者さんを診察したあとでくたくたでしたが
思わずほのぼのとしてしまいました。
「良かったら今後ともどうぞよろしく。」
帰り際にそう声をかけると
「ぜひまた。」とお母さん。
お次はご兄弟4人でぜひどうぞ。
子沢山のたくましいお父さんにもぜひお会いしたいです。


で、わが娘。
先日、朝からロースとビーフを食べていました。
「なんじゃ、こりゃ!?」
妻に聞いてみると
その前日にデパ地下に行ったとき
「試食してくる」と言って娘が試食コーナーに行ったとのこと。
で、しばらく帰ってこない。
どうしたのかと娘のところに行ってみると
試食用のローストビーフが全部なくなっている・・・。
どうも娘一人で食べたらしい・・・。
恥ずかしくて慌ててそのローストビーフを1本購入したそうです。
そうか・・・
父としてその光景はとてもほほえましく想像しますが、
翌日も朝からローストビーフを再度頬張るのは
果たしていかがなものでしょうか?
わが娘よ・・・